髪を生やす

効果的な育毛対策

春夏秋冬にあった効果的な育毛対策


一年中同じ育毛対策をしていませんか。
体の調子は春夏秋冬によって変わります。体の調子が変わるということは頭皮や髪の状態も季節によって変化するということです。

その時の状態にあった季節別のケアをすることで効果的に育毛対策ができます。では、具体的に春夏秋冬どんなケアをしたらいいのでしょうか。


になると花粉症に悩む方は多いと思います。花粉症というとくしゃみや鼻水のイメージがあるかもしれませんが、肌にも影響を与えます。



肌に付着した花粉で炎症を起こし、肌荒れを引き起こすのです。頭皮に付着すれば頭皮の状態が悪化して、髪が育ちにくくなってしまいます。 花粉を取り去るためにシャンプーを丁寧に行います。ゴシゴシこすると肌が傷つくので、指の腹で優しくマッサージするように洗いましょう。

※シャンプーはアミノ酸シャンプーが必要な必要な皮脂までとり過ぎることがなく、ほどよく必要な分は残すことができるのでオススメです。



は紫外線が強くなる季節です。体の一番高い場所にある頭は紫外線の影響を強く受けます。紫外線のダメージを受けると頭皮環境が悪化したり、髪が弱く切れやすくなります。



肌だけでなく頭皮と髪の紫外線対策も必要です。髪専用の日焼け止めを使用したり、帽子をかぶったり、日傘をさして紫外線対策をします。日焼け止めをつけた日はしっかりと落としてください。
ただし、帽子を被り続けるとを蒸れて頭皮に悪影響なので、適度に脱いで汗を拭いたり、通気性の良いものを選びましょう。



は空気が乾燥してくる季節です。乾いた空気で頭皮がパサつき、フケやかゆみの悩みがでやすくなります。フケ・かゆみを我慢できるかきむしると頭皮が炎症を起こし悪化します。 頭皮が乾燥しないように保湿成分を配合した育毛剤で対策をします。



保湿成分にはヒアルロン酸やフコイダンなどがあります。フコイダンとは海藻に含まれるぬめり成分で、海藻に含まれるミネラルの働きで頭皮環境が整う作用もあります。
秋は、夏のダメージが現れて抜け毛が増える季節ですが、焦らずにダメージを回復させましょう。



も乾燥が気になるので保湿をします。冷え対策も必要です。髪は血液から栄養と酸素をもらって成長しているのですが、体が冷えると血流が悪くなり髪が十分な栄養と酸素をもらえなくなります。その結果、髪が抜けやすく生えにくくなります。



生姜には高い温め作用があります。漢方薬にもよく使用されます。ショウガオールとジンゲロールという成分が含まれていて、加熱することでジンゲロールがショウガオールという成分に変わって温め作用が高まります。炒めるよりも蒸した方が温め作用が高くなります。

頭皮マッサージも血流促進に効果的です。指の腹で頭皮をなでるようにマッサージします。強くこすると頭皮を傷つけるので優しく行いましょう。体が温まっている入浴中や育毛剤をつけるときにマッサージをするとよいでしょう。

また、タオルを濡らし電子レンジで温め蒸しタオルをつくり、それを頭皮に巻くというのも非常に効果的です。


育毛の小話


私自身かなりAGAが進行しているので、ある美容関係のお仕事をしている人と話をする機会があったときに「何々って薬って本当に効くの?」とか聞いてみたことがありました。

その人は仕事で理髪店を毎日まわっている人なので、そうした薄毛に関する情報も敏感なものがあると思ってそう聞いてみたのですが、あまりそうした薬に関してポジティブな返答はありませんでした。

「もし、それを飲んだら薄毛が治るってなったらとっくにみんな使ってるよ」とのことで、そうした床屋さん関係の人がもしそうした薬を飲んでいるとしても、自分から人に言うようなことはまずないだろうとのことでした。

その人が言うには、いくら脱毛を抑制しようと、発毛を促進したところで、育毛ができなければそうした薄毛対策にはならないと言うことでした。

また、私がベジタリアンということもあり髪にとって必要なケラチンなどの多くはタンパク質によってできているので、「やっぱりもっとタンパク質を摂らないとダメなのかなぁ?」と聞いてみると、 「そうは思わないなぁ、昔の人はあまりタンパク質の多い食事をしている訳じゃなかったのに、みんながみんなハゲていたわけじゃないからね」との答えが返ってきました。

逆に、そう考えて観ると私のようなベジタリアンのような昔の人たちがしていた食生活をするほうがかえって育毛対策にもいいのでは?ということも言っていました。

それでも私自身が思うに、やっぱり育毛対策にはそれなりのタンパク質も必要だろうと考えて、ベジタリアンということもありそれまでよりも注意してタンパク質を多く摂るようにはなりました。

ですが現代人の肉中心の食生活は、そうした中に多く含まれる動物性タンパク質が豊富ですので人によってはそれが過剰摂取となり、頭皮の汚れに繋がってしまいそうしたことから育毛が阻害されてしまう、ということも考えられなくはないといったことが言えるのかもしれません。

髪の静電気を防止するには、保湿ケアが大事


ブラッシングしたときにバチバチとくる髪の毛の静電気、憂鬱です。

髪に静電気が走っているときには、髪は拡がってまとまらないですし、それなのに立ち上がってほしい前髪付近はペタンとしていたり…。

こういう、髪のトラブルを防止し快適な一日を過ごすためには、髪の毛の静電気防止の防ぎ方をしっかり押さえておく必要があります。



まず大事なのは、髪の保湿です。
いまは髪のおしゃれも自由になり、カラーリングもパーマも、常識的な範囲内で自由にしても、誰にも文句は言われない時代ですので、髪のおしゃれを大いに楽しんでいる方も多いでしょう。

ところが、髪はカラーリング剤やパーマ液などでどんどん傷み、髪の毛の一本一本を守るキューティクルという物質が剥がれていきます。


一度頭皮から産まれた髪は、傷んでも再生不可能ですので、ケアしても生えたばかりの状態に戻ることはありません。 キューティクルが剥がれてむき出しになった髪の毛は、その後のホコリやさらなるパーマなどの、外界からの刺激はそのまま受け止めることになってしまうので、傷んでいく一方です。


また、髪の毛の水分も保持できない状態になっています。 こういう状態の髪に、湿度の低さが重なれば強く乾燥し、静電気が起きてしまうのです。さきほど述べたとおり、いちど傷んだ髪は元に戻らないので、日常的なケアが必要になってきます。


忙しいからといって、リンスインシャンプーだけで洗髪を済ませるのはやめましょう。 美容師さんによると、リンスインシャンプーを使って大丈夫なのは子供だけだそうです。

パーマもカラーもしたことのない髪ならば、洗浄力が強い上保湿効果のあまりない、リンスインシャンプーでも髪は傷まないのでしょう。


ただ大人の髪には、毎日使うには負担が大きすぎます。 どうしても忙しい時には仕方がないですが、それでも使うのは週一回くらいにしておきましょう。


シャンプーは、保湿効果があるものを選び、しっかり泡を立てて頭皮から毛先まで揉むようにして洗うのがいいです。毛先はシャンプーの泡を流すだけで汚れが落ちる、という説もありましたが、毛先もしっかりシャンプーを泡だてて揉み込むように洗います。


髪と頭皮をしっかり洗うことが、次に使うトリートメントの浸透を促進できるのです。
汚れが残っていると、保湿成分の高いトリートメントが髪に入っていかないですから、しっかり洗いましょう。


次は、トリートメントを毛先中心になじませ、髪全体に拡げてしばらく待ちます。
いまのトリートメントは3、5分くらいの待ち時間で十分です。 洗い流したらタオルドライし、ドライヤーでは髪の水分が少し残る程度に乾かして、あとは自然乾燥しましょう。 こ

の時、髪に保湿効果のあるムースなどを塗っておけばくし通りがよくなり、静電気が起きにくくなります。ムースは少し濡れているときに髪に染み込ませておくのがコツです。


キューティクルの剥がれた、ダメージヘアの水分を守るためには、髪の細胞が開いているうちに保湿成分を染み込ませることが大事です。 ただ、寝るときまでに髪が乾いているようにしましょう。 濡れたまま寝ると、枕にこすりつけたりしてさらに髪がいたんでしまいます。

朝起きたら、いちどに髪をほどかず、粗めのクシでほどいた後、毛先から優しく髪をほぐしていきましょう。 最初に粗めのクシで大きくほぐすのが、静電気を防ぐもう一つのコツです。

この後は自由にスタイリングして構わないですが、あまりドライヤーを使わなくてすむ、まとめやすい髪型にしておくのも静電気の起きない方法です。
ゆるくパーマをかけておくなど、その点は美容師さんと相談するといいですね。


最後に、いたんだ毛先はこまめにカットしましょう。髪の栄養は、全体に行きわたろうとしますので、傷みきった毛先も大事な栄養を奪ってしまいます。


忙しくても美容院へ行き、毛先をカットしておくことが、静電気の起きない、健やかな髪を保つことにつながりますよ。




→髪を生やす最善の方法【生える育毛剤ランキング】トップページへ