髪を生やす

女性の薄毛

ホルモンバランスと生活習慣が影響する女性型脱毛症と対策




抜け毛や薄毛は男性だけの問題ではありません。
多くの女性も抜け毛に悩んでおり、男性の抜け毛とはその原因もタイプも異なります。

男性の薄毛の特徴が生え際がM字型に後退していったり頭頂部付近が薄くなっていくのに対して、女性の薄毛は髪の毛全体がやせ細り、ボリュームダウンをするのが特徴です。

女性の抜け毛の原因とされている大きな要因の一つは、加齢によるホルモンバランスの乱れです。

30代半ばを過ぎた頃から女性ホルモンの分泌量が減っていき、40代頃になると激減をします。

二種類ある女性ホルモンのうちのエストロゲンが髪の毛の成長と深く関わっており、不足することで髪が細く痩せ、抜けやすくなってしまうのです。

また、抜け毛に深い繋がりのあるエストロゲンは、年齢によるもの以外に妊娠出産時の抜け毛にも関係しています。
妊娠中は減少し出産後に急激に増加するエストロゲンは通常時よりも極端に増減しますので、バランスを崩して抜け毛が増えやすくなってしまうのです。

それに、無理なダイエットでも女性ホルモンは乱れてしまいがちです。

体が栄養不足に陥ってしまうと頭皮や髪に行き渡るはずの栄養も足りなくなってしまい充分に成長ができませんし、やはり女性ホルモンもバランスを崩します。
食生活が乱れてしまうと、薄毛や抜け毛を招いてしまうのです。

同様に、生活習慣の乱れも抜け毛の増加に繋がります。偏った食事や睡眠不足、またストレスを溜めてお酒やタバコの量が増えてしまったりすると、自律神経が乱れて血行も悪くなり、頭皮の環境が悪化してしまいます。

女性の抜け毛は女性ホルモンや、日頃の生活習慣が大きく影響します。抜け毛を防ぐ対策としては、まず健康的な生活を送ることが大切です。

女性ホルモンは乱れやすく、さまざまな事が原因で崩れてしまいます。

普段からバランスのいい食事を摂取し、充分な睡眠を取り、ストレスを解消させて心身ともに健康でいるという基本的な心がけが、女性ホルモンのバランスを保ち、ヘアサイクルを正常な状態にして、結果的に抜け毛対策にも繋がるのです。

エストロゲンの減少に対しては、エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンやを摂取するなど、食事からも補うことが可能です。日頃からの心がけ次第で、女性の抜け毛を防ぐことは充分に可能です。



【体験談レポート】私が薄毛を改善した方法 〜30代女性〜

若い頃はボリュームのあり過ぎる髪が、コンプレックスでした。

しかし、年齢を重ねる毎に抜け毛の量が増えて、分け目の薄さが目立つようになって来ました。

このまま放置しておいたら分け目は更に広がり、数年後には薄毛のおばさんになってしまいます。 人生はまだこれからです。恋もしたいし、趣味だって楽しみたいです。 今まで育毛対策は何もしてこなかったので、これからはきちんとやっていくことにしました。

育毛対策と聞いてまず最初に思い浮かぶのは、育毛剤です。
ネットで育毛剤を検索しているとあまりの種類の多さに、一体どれを使用したら良いのか迷ってしまう程です。

私は女性なので、使用感はマイルドな物が好みです。 そんな私のわがままを叶えてくれそうだと思ったのが、ベルタ育毛剤でした。

ユキノシタ、海藻、牡丹、イチョウなどと言った天然由来の成分がたっぷりと配合されているので、敏感な頭皮でも安心して使用ができそうです。

更に成分がナノ化されているので、高い浸透力が期待できます。
初回購入だと割安になるので今しかないと思い、1本購入することにしました。

朝晩の1日2回、ベルタ育毛剤を頭皮スプレーしたら指の腹で揉み解したり、軽くタッピングをしたり摘んだりしてマッサージをしました。

マッサージをしていると頭皮のコリが解れて、とてもリラックスしてくるんです。

育毛剤を使用して約3ヵ月で抜け毛が減り始め、更に半年間使用したら、髪が根元からふんわりとボリュームアップして分け目の広がりも目立たなくなってきました。

確かな効果を実感する事が出来たので、これからもリピして行くつもりです。


ペッタンコ髪にボリュームを持たせる方法!


猫っ毛で髪のボリュームの少ない人や薄毛の人は、 髪のセットもひと苦労です。

もともとセットが決まりにくかったり、 セットしてもすぐにペッタンコになってしまったり、 風が強い日にはすぐにくずれてしまったりと悩みは多いです。 朝せっかくセットに時間をかけた意味がありません。

dryer


素人だからこそヘアセットには使いやすい道具を


細い髪の毛や猫っ毛の人の場合、髪が全体的にぺたんとして淋しく見えがちです。
特に年齢を重ね、薄毛が気になるようになるとその傾向はさらに強くなります。

スタイリングする時に頭頂部や後頭部にふわっと丸みを持たせることで、若々しい印象になります。

へアセット方法のコツとしては、髪を洗った後、あまり自然乾燥させず濡れているうちにドライヤーですぐ乾かすことです。

ドライヤーの風は頭に対して上部から当てずに、手ぐしで髪をかきあげるようにしながら、耳下から風を髪に含ませるような感覚で当ててください。当然ドライヤー自体もサロンで使うような風量のあるものが望ましいです。

半乾きの状態になったら、これもなるべく直径の大きなブローブラシを使って髪を根本から立ち上げていきます。頭皮に対して直角に立ち上げるような感覚です。

ふわっとなったところで、ソフトに固めるタイプのスプレーでキープしましょう。ウェット感や毛束感のあるジェルやムース、ワックスはNGです。


1日中髪型をキープさせる方法としては、根元部分の毛をつまんで垂直に持上げて、固まりすぎないタイプのスプレーを多めにかけます。

※根元以外に付けると重みで潰れてしまいます。

それでもボリュームが出ない人は、スプレーを吹いた時に、ドライヤーで軽く風を送りながら乾かし少しかためるようにしましょう。


他にも薄毛の人のセット術や小技が画像付きで掲載されているので、
気になる方は下記サイトをチェックしてみてはいかがでしょう。

NHKためしてガッテン 驚きのへアセット術ページへ




シャンプーも見直してみよう


awa

また、シャンプーを変えることで、髪にハリやコシが出てきてボリュームアップにつながりますので、シャンプーから見直してみてはどうでしょうか?

カサカサに乾いた地肌では、健康な髪を作ることは出来ません。

ラウレス硫酸などの高級アルコール系の洗浄剤配合のシャンプーは、安価で手に入りやすいです。
しかし、洗浄力が強すぎるため、頭皮への刺激が大きく乾燥してしまいます。

値段は少し上がりますが、 保湿力の高く刺激の少ないアミノ酸系シャンプーを使って、頭皮を保湿していきましょう。

今では髪の根元からボリュームアップが出来ることをうたうシャンプーが出回っていますので、そちらのシャンプーに切り替えてみるのもおすすめの方法です。
ただし、購入前には裏面の成分表をしっかり確認しましょう。


→髪を生やす最善の方法【生える育毛剤ランキング】トップページへ